壁新聞

A wall newspaper





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





G1勝負絵巻(7)〜第49回有馬記念〜

年末はいかがお過ごしでしょうか。
今年もこの季節がやってきました。

今年の有馬は、ゼンノロブロイ1強状態と言っていいと思います。
馬連なら、ロブロイの相手探しでいいくらい。
ロブロイが負けるとすれば、内で道を塞がれる可能性。
そうなって仕掛けが遅れると面白い。
ロブロイが仕掛け損なっている時点で、ペースは恐らく中〜遅くらい。
そうなると、前残り+差し脚ヨーイドン。

タップダンスシチーですが、7歳という年齢、秋1戦の成績(凱旋門賞17着)を見る限り、(展開は向きそうですが)外しでしょうか。
去年もJC1着から有馬8着ですし。

コスモバルクは鞍上次第。ロブロイマークでしょうから、ロブロイを外すなら、同時にこの馬も外し、ということになります。

3歳組では、やはりデルタブルースか。
3歳ならこの時期使い詰めでも、わりと頑張れることが多いです。
他はちょっと・・・ハーツクライが3着はあるかも。

11、13、15が不気味組。
特に一押しはツルマルボーイ。

しかし、ここまでは穴組。
貴方の夢はなんですか?

私の夢は、ダイタクバートラムとシルクフェイマスです。
続きを読む >>
posted by K-'s 13:27comments(0)trackbacks(0)





G1勝負絵巻(6)〜第56回朝日杯フューチュリティS〜

秋、ここまで全敗。
寝坊して、あわてて新聞を買いにいく。・・・全然わからない。
有力馬が全て前に出る馬で、どうも後ろが優位に思える。
本日中山、早い時計が出ているというし・・・

そう考えると、ストーミーカフェは外すべき。
武のマイネルハーディが気になる・・・って、発走15:25じゃん!
ドタバタと3連複BOX、10点買いして観戦。

・・・初勝利!
マイネルレコルトが、持ち時計の速さをいかしてレコード勝ち!
2着には、最後の最後押さえたストーミカフェが粘りこむ。
贅沢を言えば、マイネルハーディがもう少しがんばってくれればかなりオイシイ馬券だったんですが。って1500円っきゃつかねえのかよ!
馬連と変わらないじゃん!

10通りかって15倍って・・・まあいいか。
来週は有馬記念。今年最後の中央G1レースです。
posted by K-'s 15:53comments(0)trackbacks(0)





G1勝負絵巻(5)〜第24回ジャパンカップ〜

海外G1、ジャパンカップ。
ただ今年は、国内外共に小粒、という評価。
確かに、3歳馬が軸になるようでは・・・

今年最後の東京開催。内の芝は相当荒れているので、真ん中やや外目を突く刺し馬優位。この位置を取りやすい9〜14あたりが来ると見ます。

古馬ではロブロイの安定度を推します。脚質的にも(後ろから行ければ)連は外さないのでは?後はナリタセンチュリーの一発に期待。

3歳ではホオキバウェーブに期待。長い脚が使えるのは東京向きか。
あとはデルダブルース、ハイアーゲームか。
コスモバルクは気性難を抱えたままでは無理かと。

外国馬はウォーサンを押さえておけば問題なしかと。
後はパワーズコートが僅かに・・・という印象。

馬連
4-9
9-14
9-16
4-14
9-12

を各500円ずつ購入しました。
買い目公開。これでカスりもしなかったらヤダな・・・
続きを読む >>
posted by K-'s 15:05comments(0)trackbacks(0)





G1勝負絵巻(4)〜第21回マイルチャンピオンシップ〜

京都右回りマイル戦。
平均ペースと言われてますが、やや早くなるかと。
好位差しが来るのでは?

牝馬ですが・・・引退レースのファインモーションはパス。
ダンスインザムードは馬体重減がマイナス材料。さすがに激闘疲れがあると見ます。ただ、この2頭で上位はダンムーでしょうか。

3歳馬、メイショウボーラーに期待。
デュランダルは3位までは充分入ると見て、3連複で。
スワンS組を上位に持ってきました。
あとは押さえで、外国からのラクティを。
1着はムリでも、連には絡むと思ってます。

テレグノシスは来たらゴメンナサイ。
ただ、隣枠に同じ脚質の本命馬がいるのと、右回りに弱いのでたぶん・・・
続きを読む >>
posted by K-'s 15:34comments(0)trackbacks(0)





G1勝負絵巻(3)〜第29回エリザベス女王杯〜

もうすぐ出走です。
有力馬3頭では、自在性と安定度でスティルインラブを軸と見ます。

オースミハルカ、そして外国からの参戦、ウォートルベリーが不気味。
1頭前に残る馬はいると見ました。

さて、どうでしょうか?
続きを読む >>
posted by K-'s 15:38comments(0)trackbacks(0)





G1勝負絵巻(2)〜第130回天皇賞(秋)〜

難解。先週に輪をかけて難解。
有力馬がどれも自分で決められない馬ばかりの上、決定力のあるツルマルボーイには不利の重馬場。
おまけに東京2000はスタートしてすぐの2コーナが難所。の上に今年はコース改修後初のレース。前ほどのキツいコーナーではなくなったらしいが、影響がないとも言えない。

正直、今日のレースを展開込みで当てられたら素晴らしい。

たぶん、前に残る馬1頭、長い脚で入り込む1頭の組み合わせと見ます。
切れで勝負する馬には苦しいか。

・・・となると、ゼンノロブロイ、バランスオブゲーム、リンカーンあたりか。
不気味なのは、京都大賞典を制したナリタセンチュリー。

休み明けで鉄砲駆けされたらゴメンナサイ、としか言えない。
あるとすればミラクル、ヒシミラクル。

続きを読む >>
posted by K-'s 14:19comments(0)trackbacks(1)





G1勝負絵巻(1)〜第65回菊花賞〜

難解、なレースだと思います。
ダービーを制したキングカメハメハのリタイアにより、かなり混戦模様です。ただ、ほとんどの馬が初体験であろう3000m。
切れ味よりも、素直な気性で、我慢強く長い脚を使える馬が有利、と見ます。4.5.8.14を軸に買う予定。

コスモバルク、ハーツクライはあっても共に3着まで、と予想。

これからパドックを見て、予想を固めます。
続きを読む >>
posted by K-'s 14:59comments(0)trackbacks(0)