壁新聞

A wall newspaper


<< 365日後 | main | 外電1:あの日見た本屋の跡地の跡地(つけ麺 鷹 跡地) >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





祭りのあと

どうも、これが本Blog1000回目の投稿となります。
そして、最終回になります。

まぁ、半年以上前から更新は滞っていたので。頃合は見ようと思ってました。
このblogの初回投稿は2004年6月。まだ前の会社にいた時でした。

社会人2年間でしこたま仕事した結果が出ず、別の客先に行った当初でした。
本当に仕事がなくて、なんとなく時間を過ごしながら定時で帰っていた頃。
することもないので、当時流行りだしたblogを始めたのでした。

当時はまだmixiも、facebookも、twitterもありませんでした。
blogが、ネット表現の最先端でした。

仕事は2004年の年末頃から火を吹き始め、2005年の前半は仕事のキヲクしかなく。
そして2006年に転職。現在の会社へと勤め始めました。
時間に余裕ができるようになりましたが、始めた当初ほど、ここに書きたいことはなく。

惰性で、どこか辞める理由を求めて続けていました。

この4月、昇格しました。

2002年に会社員になってちょうど10年目。初めての昇格でした。
中途の同期で入った中ではダントツに遅かったですが、それでも、自分の仕事が
非常にわかりやすいカタチで評価された、というのは素直に嬉しかったです。

それまでは、製品ができることが第一で、それ以上の評価なんて考えもしなかったので。
お祝いの言葉をもらったりして、ああ、なんかよかったなぁ、と。
塞翁が馬、悪いこともあればいいこともあるんだな、とそう思えました。

3月は慌ただしくて休めなかったので、明日は休暇をいただきました。

この数ヶ月は、本当にアッという間だった。
持ち上がって、落とされて、そしてまた持ち上げてもらって。
めまぐるしくも、いろいろな体験ができた日々でした。

今はもっぱらTwitterでつぶやくのが主で、それでわりと吐き出せているというか。
blogも、これが始まった2004年頃はちょうど黎明期をすぎた頃で、今はもう、若干時代遅れですかね、時の経つのは早いです。

さきほどまで、桑田佳祐「宮城ライブ」のbluelayをみて1人泣いていました。
2011年の3月11日から、この国は変わってしまったなと。8年前は思いもしなかった。

今も、福島第一原発半径20kmの街は、街並みだけ残っていて人は誰一人おらず、わずかの生物が残っているだけになっているそうです。同じ日本なのに、信じられない。

節目で色々な報告ができて、でも結婚はまだできなかったなぁ。
ひとまずここの更新は終わりますが、もし幸運にも結婚できたら、その時は更新しようかな。
それなりに読んでいただけたようで、感謝しています。
どうしようもない愚痴ばかり書き連ねて、すみませんでした。

今後は、、、まず結婚したい。孫を見せたい。
そして役職付になったことで、転勤の可能性もあがったと思います。
もしかしたら近いうち、関東を出ることになるかも。
そうなったら俺の人生どうなるのだろうと。ふと気にもなりますね。

あまり長く書いてもしょうがないので。
最後のタイトルはこれか「JUNK LAND」で迷いましたが、1000回、おそらく1度もタイトルがかぶったことはないと思います。ということもあり、これで。

おしまい。

posted by K-'s 02:25comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 02:25 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ksjourney.jugem.cc/trackback/1000