壁新聞

A wall newspaper


<< 祭りのあと | main | 外電2:現視研にみえた10年前の回顧 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





外電1:あの日見た本屋の跡地の跡地(つけ麺 鷹 跡地)

もうBlogを書くことはないかと思ってましたが、ふと更新します。

2013年8月は客先の残業規制で定時退社が続いており、ふと日曜の夜にとある光景を思い出したのがきっかけでした。

「国道の本屋」

地元にいた当時はそう読んでました。
実家のそばを走る国道沿いにその古本屋はありました。

きっかけは、親の車に乗っていた時だったと思います。
当時の実家に遠出から帰る時は最後にその国道を走るのですが、何度かその本屋を見たのがきっかけでした。

たぶん、初めて行ったのは高校の時だったと思います。
当時駅までは自転車で通っていたので、学校帰りに横切る国道を走っていって、初めてその本屋に入った時。

BOOKOFFのようなチェーンではなく個人経営の古本屋だったと思うのですが、とにかく広く感じました。
いや日本中を回ったらもっと大きい本屋はあると思うんですけど、少なくとも自分のそれまで行ったことのあるどの本屋よりも大きかった。というか天井が高かったのをよく覚えています。
確か棚の上の方の本は脚立に乗るか、店員さんに言わないと取れない高さだったかと。

なので品揃えも驚きでした。それまでも近所の古本屋を色々開拓していたのですが、そのどこよりも品揃えが充実していた。ああそうだ思い出した、浦沢直樹のマンガを集めたくて行ってみたんだ。当時受験が迫っていたと思うけど(笑

それからは通い詰めました。
確かゲームなんかも申し訳程度に売っていたけど、値段的にはあまり魅力がなかったと記憶(笑
特に買いたい本がなくても、高校の、予備校の、大学の帰りに寄っていました。
当時はその国道と裏の旧国道に何件か、中古ゲーム屋や本屋があって、そこを巡るのが好きでした。

大学を出ると同時に実家を出たので、それ以降足は遠のきました。
先日ふと思い出して、GoogleMapで当時の場所を見てみると、、、つけ麺屋になっていました。
うっすらと記憶の奥底で、実家を出た後も数回、この道を通ったことがあり、その時はまだ残っていたような。。。

ざっとネットで調べて見ると、どうも2010年につけ麺屋がオープンしており、「古本屋の跡地に」という文章もあったので少なくともその少し前までは経営していた様子。
なんだか無性に懐かしくなり、定時帰宅できる今のうちにということで、会社帰りに寄ってみることにしました。
ネットの記事がのきなみ2010年付近しかないのが気になりましたが。。。

で、さっそく本日行ってみました。

鷹1.1
鷹2.1
閉まってました。

鷹3.1
後から調べてみたら、どうやら2012年に閉店していたとのこと。。。
事前に調べろよ、って感じですが、どうやら居抜き(という言い方でいいのかな?)でつくったらしく、外装は違えど建物はほとんど当時の外観を保っていた、、、と思います。
売り手がつかないのか、去年からこうやって放置されているんですかね。

写真からはわかりにくいかもしれませんが、広い、と思っていてもこの程度だったのですが、当時の自分に取っては、無限大くらいの広さに感じていました。

高い天井に届くくらいの本棚にびっしりと並べられた本、そしてその棚の上に並べられた漫画の全巻セット。 学生の小遣いではなかなか手が出せなかったですが。。。わくわくしたものでした。


ジツのところ、大学4年の頃にはこの本屋以外の国道沿いにある本屋もゲーム屋もどんどん閉店していき、実質最後に残ったのがここだったと思います。
近くにもう1件あった本屋は、コンビニになってました。品揃えは悪かったけど、アイドルのブロマイドがやたら充実してたのが印象的な本屋でした。

今、個人経営の本屋やゲーム屋、ゲームセンターってほとんど見かけなくなりましたよね。
知らない街、初めていくところ、必ず小さな本屋やゲーム屋があったような気がします。そういうところを巡るのが好きでした。今はほぼチェーン系だけになっています。地方には残っているのかな?

まぁこれだけネット通販が一般化してしまうと、品揃えや値段で対抗できない個人経営のお店は淘汰されてしまうのは自然の流れといえば流れなんですが、今の子供達に、あのワクワクを感じることができないのは寂しいなと。

チェーンは品揃えも値段も画一ですから、掘り出しを見つける楽しみってほぼ無くなったし。
日本一の電気街と言われた(過去形)の秋葉原も、自分が行きだした大学生の頃は個人経営と思わしきゲーム屋が沢山ありました。全部しっかり見て回ろうと思うと半日がかりでした。
今はもう、ほぼ数店を残すのみで、そのうちの1つも最近、大型チェーンの資本が入ったとのニュースが。

恐らくあと数年もしないうちに、秋葉原からも個人経営のお店は無くなると思います。
便利を望んだ結果で失うものは、情緒としか表現できないような陳腐なものですが、やはり寂しい。

そんな思いから、久しぶりにblog投稿してみました。
できれば、この記事を見て「国道の本屋」の情報がいただければなと甘い期待も抱きつつ。

さて。
晩飯にありつけなかったので、帰りに2件ほど食べてきました。普段ははしごなんてやらないんですが、次同じ道をいつ通るかわからないので(笑)

1件目は、上記跡地の近くにある「福吉」
福吉
磯玉らーめん。魚介系ベースだと思いますが、おいしかった。

2件目は駅前にある「蜩」
蜩
最近流行りの?ネットリ系がニガテなもので、スープらしいつけ汁は好みでした。こちらもおいしかった。
結局、麺レポートになってしまいましたが(笑)

最近、どうも仕事で思うところがあって延々考えていて、ちょっとした気分転換で行くつもりが、内装が変わっていても当時の雰囲気を思い出せるかと行ってみて残念な結果で、結局もやもやしたものは残ったままですが、ま、行ってよかったかなと思います。

次回更新は未定。また何か書きたくなったら。

posted by K-'s 00:27comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 00:27 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ksjourney.jugem.cc/trackback/1001