壁新聞

A wall newspaper


<< 26 hours TV | main | 2009年夏期休暇(1) >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





働くこと

あのホリエモンのブログでこんな投稿があった。

働かなくてもいいんじゃないか?

ベーシックインカムって初めて聞いたな。

要するに全ての国民に最低限の所得を保障する、というものらしい。
どうだろうね。ホリエモンの頭の中ではきっと多くの人がよりよい暮らしを求めて働くようになるだろう、という意識があるのかもしれない。

少なくとも言えるのは、この仕組みが導入されれば日本人の経済消費は減るだろうね。
恐らく一番増えるのは「j働きたいときだけ働いて、他はその時の貯金とベーシックインカムで過ごす人」だと思う。

実際、今の日本で「毎日毎日決まった時間労働する必要のある人」というのはどれくらいいるだろう。
会社として8時間働く必要があるから8時間働いているだけで。

裁量制となれば、皆自分の仕事をさっさとやってさっさと帰るようになるだろう。
俺だって、きっと明日の仕事はぶっちゃけ4〜5時間ほどで終わらして帰っちゃうと思う。

これは、能力のある人はどんどん労働時間が短くなることを意味する。
うまくいけばよりよい循環が出てきそうではある。

記事内にあるとおり、今日本の産業の大部分は2次、3次産業で、「本当に生活に必要な仕事」をしている人たちの割合は決して高くないだろう。

俺の仕事も、組み込み機器(しかも嗜好品)の開発だ。
なくて不便になることはあっても、社会が立ち行かなくなることはない。

 ほとんどの人間の仕事がそうなのだ。
言ってみれば、今の日本って、「サラリーマンとしての最低限の労働時間を消費するために、本質的な意味での産業以外の産業が動いている」状態ではあると思う。

要するに、日本人全員が頑張るような、そんなにいっぱい労働力は必要ない、ということだ。
そりゃ、1次産業に近いほど労働としては負荷の高いものが多く、今の日本人には不人気だったりするけれど、そこは海外からの移民による労働力に頼っていいと思う。

ここが民主のマニフェストの一つでもあり、日本の根幹を揺るがす?とされている「外国人参政権」にも繋がるわけですが。

ドイツなんかは移民も多いしね。国内の労働力を移民で補っているんだと思う。
それがどんな弊害を生んでいるのかは、ちょっと調べてないからわからないけど。

結局、日本人の大部分がやらなくてはいけない労働を嫌い、なくてもいい労働で時間を無駄に消費している、という側面はあると思う。そういう仕事をしたくなくて、外国人におまかせするなら、その分権利も与えなくては、もしかしたらいけないのかもしれない。

日本人の大部分が拒否反応を示すだろうけどね。
でも、今の日本人は、思っている以上に日本という国に貢献できてない、んだろうな。

そういう人間が、責任を押し付けている政治家の方々に文句ばっかり言っている図は、どうだろうね。
俺達の税金を・・・というけど、朝起きて電気がつくのも、水が出るのも、電車に乗れるのも・・・基本的には責任を負った人たちの存在があるからでね。

はてさて、自分を含めた日本人が、それに見合っただけの税金を納めているのかな?というのは、再考してもいいんじゃないかな、と思ったり。

どうも栓のない話になってしまった。いずれもう1度まとめて書こうと思う。まずは草案。
posted by K-'s 01:39comments(0)trackbacks(1)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 01:39 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ksjourney.jugem.cc/trackback/828


アソコから生キャラメル出てきた!(笑)
いっつも逆エンしてもらってる人妻に手土産で生キャラメルもってたら、下のクチから食べたい言うから挿れたら溶けてでてきた(笑)それで喜んで39マンくれたし(爆笑)
花畑プレイヤー | 2009/08/03 2:31 AM