壁新聞

A wall newspaper


<< Baby Leaf | main | 祭りのあと >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





365日後

今日一日は最初から、静かに過ごそうと決めていました。

2012年、3月11日。

前日はいつものフットサルチームの、また1人地元に戻るメンバの送別会でした。
地元で仕事が見つかったということで、これ以上ないめでたいこと。
彼の新天地での活躍を祈るばかり。

で、明けて11日。
特に予定もなく、起きて、ご飯を食べて、昼寝して、洗濯して。
のんびりと時間を過ごしました。

1年前。
春モデルの追い込みで、現拠点に来てから一番の忙しい時期を過ごしている最中の、
14時46分でした。

今思えば、その数日前、少し前から地震が少しずつ起こっていたことが、最初に慌てなかった原因だと思う。「あ、またか、最近多いな」ぐらいの気持ちだった。
目の前の実機の動作確認の方が大事だったので。

で、突然経験したことないような大きな揺れ。
生まれて初めて、机の下に本気で潜った。

で、それからの大混乱。

交通網は完全遮断。
職場の人に大渋滞の中、成増に2時間以上かけて送ってもらい、そこから池袋まで、延々川越街道を歩いて池袋に向かった。同じような人と100人以上、一緒に歩いたりすれちがったりした。ちなみに道路側の車は全く動いてなかった。おそらく、歩いて帰った方が早かったと思う。

途中、懐かしの大山で軽く休憩してから池袋へ。メールもろくにつながらないなか、友達と合流し、最寄駅前で呑んで、ウチに帰った。

朝起きて、事態の大きさをようやく飲み込めた。
それからは原発、停電の問題の中、春市販製品は無事発売。
輪番操業の夏を経て、出会い、別れ。

そしてまた、新しい春市販の追い込みに追われてる。
仕事の方もまだ正式には言えないけど、成果、そんなものあったか不明だけど、が認められてるみたい。春からはちょっと立場が変わる予定。

なんか、この言葉を使っていいものかわからないけど、皮肉なもんだなと思う。

結局関東にいた我々は、原発に関する諸々の事しか経験していないわけで。
被災したわけじゃないんだよね。被災者の気持ちが、どれほどわかるのだろうかと。

そんな思いもあり、11日は震災関連の番組は、情熱大陸まで全く見なかった。
石巻日日新聞を取り扱ったその番組だけで、俺にはそれだけで。

この1年は本当に色々あった。だから今年も、もっとたくさんの、色々を。

これが999回目のエントリ。いよいよ次回、最期に。

posted by K-'s 23:33comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 23:33 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ksjourney.jugem.cc/trackback/999